ふるさと納税で活力全快を目指せ|活性化に拍車をかけよう

税金に関するメリット

野菜

食品以外のメリットとは

ふるさと納税は、メディアでの紹介で美味しそうな食品に関する紹介をするのが目立ちます。確かに、食品に関する特典の紹介をされると自然とやってみたいという気持ちが芽生えてしまいますね。人によっては、単に美味しい食材が低価格で手に入ると言ってもイマイチピンと来ないのではないでしょうか。こちらのページでは、ふるさと納税を行なうことによって、どれくらいお得になるのかを紹介していきます。今後、ふるさと納税をやってみたいという場合にある程度のメリットを理解しておけば、よりお得に利用できるようになるでしょう。

税金支払が優遇される

まず、ふるさと納税で寄付した金額は、寄付金控除として節税することが可能になります。収入に見合った金額を寄付すれば、所得税などが安くなるのです。毎年、支払い義務が生じる税金をある程度節約することにつながっているのは確かです。ただし、ふるさと納税を行なう際には自己負担金として約2,000円が生じてしまいます。例えば、年間を通して大体10,000円程の金額を寄付すれば、2,000円ほどは自己負担額として徴収され、残りの8,000円程の金額は寄付金控除として活用されます。寄付金額が大きければ、他の税金支払額が安くなるのです。

確定申告が楽になる

また、その他のメリットではふるさと納税で寄付した金額は確定申告をする必要がなくなります。確定申告に関することは、最近施行されたもので、面倒な帳簿を付ける必要がなくなってしまうのです。わざわざ休みをとってまで確定申告会場に出向く必要がなくなるのは嬉しいものです。