ふるさと納税で活力全快を目指せ|活性化に拍車をかけよう

寄付までの流れ

食材

どのような流れ

お得に、地方でとれた食材などが手に入るふるさと納税を活用している人が多くいます。周りの人がやっているから、自身もやってみたいという気持ちを抱いている人もいるでしょう。そこで、ふるさと納税の流れとは一体どうなっているのか、ルールは何なのかを説明していきます。流れを熟知すれば、ふるさと納税を活用しやすくなるのは間違いありません。

大体の手順

まず、確認しておきたいのはふるさと納税を始める前に、自身が寄付するための限度額を調べることです。人によっては給与所得の金額が異なってくるので、適切な限度額にばらつきが生じます。毎月の給与収入や家族の人数、年収に至るまで細かくチェックしておきましょう。それらができたら、次に寄付したい地方自治体を選んでいきましょう。地方自治体によって、扱っている食品や伝統工芸品が違ってくるので、じっくりポータルサイトなどを閲覧してから好きなところを選ぶのが最適です。ちゃんと、先ほど算出した限度額のことも考慮しながら適切な自治体を見つけましょう。決まったら、ふるさと納税ポータルサイトなどを通して寄付を遂行しましょう。どちらかと言うと、クレジットカードでの決済がやりやすいです。単純にカード番号をサイト内で入力すれば、寄付を受付けてくれます。あとは、選んだ謝礼品が自宅に到着するのを待つだけです。

複数の自治体も選べる

先ほど紹介した流れによって、ふるさと納税を済ませることが出来ます。寄付できる地域は1つだけに絞ることが出来ますが、また別の地域も気に入った場合は、そちらも寄付を遂行することが可能です。